2019.01.04

女子サッカー3冠達成。
ベレーザが追求する理想のスタイルは超難解だ

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 試合後、悔し涙が止まらなかった三宅だが、タフな展開の試合に可能性も感じていた。

「3失点目があるかもしれないことは予想していました。でも、延長戦で2点差になるゴールを自分のミスで許すなんて悔しいです。ファウルしてでも止めるべきだったのかも......」

 試合中に成長を実感できたという三宅。だからこそ、悔しすぎる失点だった。三宅自身初めて経験する皇后杯決勝。やはりベレーザは強かった。ボールを奪える楽しい時間や、一瞬でゴールを奪われる恐ろしさもあった。一番の自信になったのは、最後まで怯まなかったことだという。

「INACは今シーズンすべて2位で終わっています。しかもベレーザの3冠すべてを目の前で見ている。こんなチームはないと思います。来シーズンはこの悔しさを結果につなげたい。でなきゃ、この悔しさはなんだったんだってなりますから」(三宅)

 理想とするスタイルに挑戦することで、結果を出し続けようとするベレーザと、そのベレーザに跳ね返されながら、チャレンジャーとして成長のきっかけを拾い集めて強くなろうとするINAC。来シーズンも両者の熱い戦いが見られそうだ。

関連記事