2018.12.18

28年ぶりの快挙に沸く日本。
前園真聖はアトランタ五輪で何を学んだか

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai keijiro

「多少は......(苦笑)。自分も代表メンバーに入っていた広島のアジア大会(1994年)のとき、カズさんはいつもメディアに囲まれていた。それを間近で見ていて、カズさんはいろいろなことを言われても、常に冷静に対応していて、すごいなって思っていた。

 アトランタ五輪の頃、俺がカズさんのレベルにいったとは思わないけど、さまざまなことを書かれたり、(メディアなどに)ずっと追い回されたりするのは、こんなにストレスになるんだなって思った。

 それまでは楽しくやってきたのに、いろいろな責任が自分にのしかかってきて、余裕がなくなり、表情がきつくなっていくのは、自分でもわかっていた」

 アトランタ五輪大会期間中の練習後、バスに向かう前園は、目を吊り上げて、(自分に)"話かけないでオーラ"を漂わせていた。記者が話しかけてきても、ほとんど反応せず、ヘッドホンから流れる音楽で耳を塞ぎ、黙ってバスに乗り込んだ。

 攻撃的なサッカーができない悔しさ、自分たちのサッカーではなかった試合の勝利に対する周囲の予想外の高評価、自分が思うようなプレーができない苛立ち......そうした思いばかりが、前園の中でドロドロと渦巻いていた。

アトランタ五輪当時のことを振り返る前園真聖