2018.11.29

スペインの目利きが気になった
「日本代表の新戦力」13人を分析

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Fujita Masato

FW

大迫勇也 ベネズエラ戦に先発し後半23分に交代。キルギス戦は後半14分から出場大迫勇也(ブレーメン)
「ベネズエラ戦において、短いボールも長いボールも、前線で起点となって収めるプレーは傑出していた。協調性に優れ、中島、南野、堂安らのプレーを輝かせていた。前半25分の堂安のシュートは入らなかったが、そこに至る大迫自身のボールの受け方とパス出しは完璧だった。キルギス戦は、守田のパスを北川航也(清水エスパルス)がフリックし、それを受けた大迫が冷静沈着に決めた。短い時間だったが、能力の高さを見せている」

杉本健勇 ベネズエラ戦は後半32分から出場。キルギス戦は先発し後半14分に交代杉本健勇(セレッソ大阪)
「ベネズエラ戦に途中出場し、積極的にボールを受けていたが、失点のシーンでは一瞬で相手に囲まれ、自陣でボールを失ってしまった。キルギス戦では北川と連係し、攻撃の形を作っている。伊東からのクロスをヘディングシュートしたシーンは、強度が足りていなかった」

◆全選手の写真一覧はこちら>>

関連記事