2018.11.15

代表でも欠かせない、チームを
「助けたい」という原口元気の気持ち

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by KYODO

「(「責任を感じるか」と問われ)うん、そうだね。もう年も年なので、オフザピッチ、オンザピッチのどんなときも、なるべく選手が下向かないように声をかけたり、雰囲気を作ろうとしているけど......。それは僕だけじゃなくて、みんなやっている。チームの一員として助けていきたいし、このチームがちゃんと力を発揮すれば、ちょっとしたことで上にいけると思う。その手助けをしなければいけないと思う」

 本人も言うように、原口はハノーファーでチームを牽引しなくてはならない立場になりつつある。昨季2部を経験したことで、よりチームを"助ける"ことの必要性を感じるようになった。自分自身がどう活躍するか、どうやってアピールするかがテーマだったヘルタ時代とは比較にならないほど、大人の選手になっている。

 若手が勢いづく日本代表の2列目だが、今後、こうした原口の経験が必要になることも、もちろんあるはずだ。

「いろいろなことを経験して、いろんなことができるようになっているというのが自分の強み。(日本代表でも)バランスよくプレーしたいなと思います」

 親善試合はともかく、アジアカップなどの勝負がかかった試合になれば、チームに不可欠な存在であることが証明されるはずだ。

関連記事