2018.10.24

プロ1年目で日本代表デビュー。
フロンターレの守田英正とは何者ぞ?

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

―― その原因というか、理由を見つけることはできたのですか?

守田 名古屋グランパスに移籍してしまいましたけど、エドゥアルド・ネットが僕にとって、お手本とも言える選手だったんですよね。だからシーズン当初は、ずっとネットのプレーを間近で見たり、憲剛さんや(大島)僚太くんと一緒にプレーしている姿を見て、憧れまではいかないですけど、目指しているところがあったんです。

 でも、そのネットの真似をしようとしすぎて、逆に自分のよさが消えていってしまったところもあった。それで悩んでいたとき、(武岡)優斗さんから、「このサッカーに合わせようとしすぎて自分を見失ってしまう人も多いけど、自分は自分なんだからな」って言われて。憲剛さんからも、「自分を別に殺す必要はない。自分のいいところもあるんだから、そこを活かせばいいんだよ」って言ってもらえて、自分を見つめ直せたところはありましたね。

―― 迷いみたいなものから抜け出すきっかけとなった試合はありますか?

守田 シーズン前半で言えば、(J1第9節の)4-1で勝った鹿島アントラーズ戦は、ちょっと自信がつきました。でも、次の鳥栖戦ではうまくいかず、自分が孤立してしまうような感覚だったんですよね。仙台戦も鳥栖戦も、相手のシステムやサッカーに対応できず、自分に対して相手がプレッシャーをかけてきたところをかいくぐろうとしたんですけど、それができずに終わってしまったところがあった。

 そうした波みたいなものがなくなってきたと感じられたのは、(J1第14節の)柏レイソル戦ですかね。僕が奪ったボールがきっかけになって、悠さんがゴールを決めたんですけど、そこから自信がつきはじめました。最近で言えば、(J1第20節の)横浜F・マリノス戦や(J1第23節の)サンフレッチェ広島戦。ちょっとずつ自分がやりたいこともできるようになってきて、ここぞというタイミングではチームに合わせられるようにもなってきました。