2018.10.24

プロ1年目で日本代表デビュー。
フロンターレの守田英正とは何者ぞ?

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

―― そうしたスタイルが確立されているチームに飛び込む難しさもあったのでは?

守田 まさにそのとおりで、最初は大変でした(苦笑)。キャンプのときはもう、自分のよさが消えてしまっているような気がして、本当に自分が何をしていいかわからない状態でした。ピッチにいても、どこかひとりだけさまよっているような感じがして......。

―― さまよう......わかりやすい表現ですね。

守田 ポジションによって、それぞれ役割というものがあるとは思うんですよね。僕だったら、まずは守備であったり、運動量。でも、フロンターレではそれとは別に、基本的な(ボールを)止めて蹴る動作、さらには相手や味方の状況を把握しておくこと。それをどのポジションでもできなければならない。僕は守備が得意だから、守備だけをやっていればいいというわけじゃない。

 だから、自分ができることにプラスして、他にもできることがないかを探さなければいけない。だけど、そこにチャレンジしようとしすぎて、逆にそれがアダとなって、チームに迷惑をかけてしまうことも多々あったんです。何がよくて、何が悪いのか。その判断が(中断明けから)少しずつできるようになってきているんじゃないかなと。

―― その葛藤というか悩みは、試合に出られるようになってからも?

守田 ありました。最初は本当についていくのが精一杯で、自分の特徴がまったく出せなくなってしまって。ずっと試合には帯同させてもらっていましたし、途中出場する機会もありましたけど、初めて先発した(J1第8節の)ベガルタ仙台戦だったり、(J1第10節の)サガン鳥栖戦では、どんどん自分が消えていくような感覚でした。やっていても、何をしていても、チームの足を引っ張っている感覚しかないというか......何をすればいいかがよくわからない感覚というか......。