2018.09.21

代表初招集も出番なし。伊藤達哉には
Jリーグ未経験者特有の悩みがある

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko 西村尚己/アフロスポーツ●写真 photo by AFLO SPORTS

「3トップでやるのだったら難しさはあるんですけど、コスタリカ戦みたいに4-4-2だったら得意なので、自分の力そのまま出せるかなというのはあります。ハンブルクでのパフォーマンスをそのまま出せたらいいと思うので、まずは代表でも自分のコンディションを100に持っていきたい。

 あと、やっぱり日本の選手と一緒にやるという、違った難しさもあるので、そこも修正しながら慣らしていきたいですね」

 若くして海外に飛び出した伊藤には、いろいろなタイプの日本人選手とプレーした経験が少ない。そういうチームのなかに入って戦うことの難しさという新たな課題も発見したという。

 悔しさとともに感じた課題も収穫のうちだろう。克服したときには、代表でも輝きを放つ日がくるに違いない。

関連記事