2018.09.16

スペインの慧眼が日本代表を個別評価。
真っ先に名指しした3人は?

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Fujita Masato

 また、先制点を演出したように、セットプレーのキックの質も高い。キックそのものに自信を持ち、切り返しからのクロスを南野の頭にぴたりと合わせている。左サイドで、日本の高速プレーの中心になった」

2トップの一角としてフル出場した南野拓実(ザルツブルク)南野拓実

「前線の一角で、シュートを数多く打っていた。連係度の高さが光った。2点目はまさに象徴的。エリア内で中島のパスを呼び込む動きをしながら、ディフェンスを引きつけた後、左サイドでフリーになった遠藤に出されたボールに対し、ディフェンスラインの前で止まってボールを受け、左足で流し込んでいる。

 コンビネーションを使って生きるタイプだろう。前半、遠藤が入れたロングボールを、小林悠(川崎フロンターレ)が落としたところで放ったハーフボレーも際どかった」

ボランチでフル出場。中盤のバランスを保っていた遠藤航(シント・トロイデン)遠藤航

「中盤で、青山敏弘(サンフレッチェ広島)とパートナーを組んでいた。チームはトランジション(攻守の切り替え)で質の高さを見せ、ラインもコンパクトさを保っていたが、遠藤は中盤で常にそのバランスを取っていた。

 小林に入れるロングボールは、まさに攻守一体。また、2点目は自らボールを持ち運び、中島に預けてから左サイドを駆け抜けている。コスタリカの攻撃力が乏しかったのはあるにせよ、効果的なプレーが多かった」