2018.09.11

森保ジャパンの所信表明に注目。
選手のハツラツとしたプレーが見たい

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by AFLO

 森保監督は前日会見で「西野さんから学ばせていただいたことをチームに落とし込んでやっていきたい」と語ったが、この初陣におけるアプローチは、前任者から学んだことのひとつかもしれない。

 もっとも、3バックだろうと4バックだろうと、「攻守ともに原理・原則は変わらない」と森保監督は言う。その原理・原則、チームコンセプトのベースの部分を指揮官のこれまでの言葉から探れば、こんな感じだろうか。

 ベースとなるボールの奪い合いのところで戦う姿勢を見せ、ひたむきに、タフに粘り強く、最後まで戦い抜く。攻守において連係・連動して、攻撃的に戦うが、守備をしなければならないときは守備をする、速い攻撃を仕掛けられるときは仕掛ける、相手に守られたらボールを握りながら崩していけるように、臨機応変にやっていく――。

 キャプテンの青山敏弘も「ミーティングでは両方やると言っていたし、試合中に変える可能性もあるとも言っていた。それでも縦パスや楔(くさび)のパス、ビルドアップの仕方は変わらないと思うし、チームコンセプトも含め、強く求められている」と語る。

 大阪入りしてから2日間続けて非公開練習が行なわれているが、選手たちのコメントから総合的に判断すると、おそらく9月7日に行なわれた紅白戦でビブスを着けていなかったチームが、コスタリカ戦のスタメンのベースになるのではないか。

【GK】
東口順昭(ガンバ大阪)
【DF】
室屋成(FC東京)
三浦弦太(ガンバ大阪)
槙野智章(浦和レッズ)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
【MF】
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)
堂安律(フローニンゲン/オランダ)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
【FW】
小林悠(川崎フロンターレ)

 右サイドハーフに伊東純也(柏レイソル)、前線を2トップにして浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ)が入る可能性もある。