2018.09.05

代表初招集の小兵の魅力。166cm
伊藤達哉はドイツの巨漢DFを翻弄する

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by AFLO

 フレッシュな顔ぶれが並んだ新生日本代表。ロシアW杯組はわずかに6人で、初代表は4人。ドイツからは浅野拓磨(ハノーファー)と伊藤達哉(ハンブルガーSV)が招集された。

 浅野の場合はロシアW杯のサポートメンバーでもあり、今回の代表では先輩格となる。それに対して21歳の伊藤は、まだ日本では馴染みがないかもしれない。というより、今回、初めてそのプレーを目にするという人も多いのではないだろうか。

 伊藤は柏レイソルユース出身ながら、トップ昇格を待たず、Jリーグを経ずにブンデスリーガでプレーするようになった。Jで活躍してから海外移籍した選手に比べて、プレー自体を目にした機会は格段に少ないはずだ。

日本代表に初招集された伊藤達哉(ハンブルガーSV) 身長166cmと小柄ながら、ドイツでは、キレキレのドリブルで仕掛けてスタジアムを沸かせている。地元紙では体が小さいことをいじられることもあるが、ブンデスの大柄なディフェンダーを翻弄する姿は、ハンブルガーのファンたちにとっても痛快なようだ。伊藤がボールを持つとスタジアムは大歓声に包まれる。

 本人が「自分の仕事は、得点というより、その1個前だと思っている」と言うように、ゴール前に飛び込む味方に対してラストパスを供給するプレーを得意とする。一方では「監督からは、点を獲ってもいいんだぞという言い方をされる」とも言う。得点への意欲がないわけではない。

 いわゆるウィンガー。攻撃的MFならどこでもいけるというタイプではないため、システムや戦術次第では定位置の確保が難しくなる。3-4-3の中盤の左サイドなど、守備を多く要求されるポジションも得意とするところではない。