2018.08.27

新生・森保ジャパンに問う。
優先するのは「スタイル」か「人材」か

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 個人の問題というより、チームの問題というべきかもしれないが、サイドバックではなく、サイドを1人で任されるウイングハーフ(バック)になると、タッチライン際の上下運動はさらにキツくなる。背後を突かれることを怖がれば、プレーのスタイルは専守防衛になりがちだ。それでは、車屋の長所は生かされない。

 左サイドバックとしては十分に代表級だが、左のウイングハーフ(バック)としての車屋には、代表級だと太鼓判を押すことはできない。

 車屋vs森保。2人は対立する関係にさえ見えてくる。車屋が勝つか、森保が勝つか。車屋は、森保ジャパンを映し出す"鏡"といっても言い過ぎではない。

 左利きの左サイドバック。絶対に外せない人材だと思うのだが......。

関連記事