2018.08.15

アジア大会初戦は格下に辛勝。
A代表兼任・森保一監督の気になる采配

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by AP/AFLO

「集中してよくやってくれた。追加点を取れなかったというところはあるが、相手にチャンスを与えなかったという部分では、選手に油断やスキがあったり、相手を見下すような感じで試合に入っていたりしたら、もっとピンチは増えていたと思う」

 今大会に臨むにあたり、チームは直前のJリーグを終えてから集合したため、事前練習は実質ゼロ。十分な準備をせずに初戦を迎えたことを考えれば、最少得点であろうと、勝ち点3を確保したことを評価されるべきなのかもしれない。

「このチームは、どの遠征でも守備のミスから失点することがすごく多い。(奪ったボールを)つなぐことは大事だが、それが裏目に出ないようにしないと。まずは守備を、という意図を持ってやれた」

 DF立田悠悟(清水エスパルス)はそう語り、「欲を言えば、もう1、2点ほしかったが、(失点を)ゼロで終えたことはよかった。今日はポジティブにとらえていい試合だと思う」と話す。

 ひとまず勝利を収めた初戦を経て、若いチームにどう上積みをもたらしていくのか。この試合が本当にポジティブなものだったのかどうかは、今後の展開にかかっている。

 森保監督の手腕に注目である。

関連記事