2018.07.06

スペインの名将がつけた、ベルギー戦
先発11名への愛情あふれる通信簿

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by JMPA

SB

酒井宏樹酒井宏樹
右サイドでヤニック・カラスコに対応しながら、攻め上がりでチームに深みを与えていた。後半、敵陣深くまで侵入してマイナス気味にクロスを折り返したシーンは秀逸だった。大会を通して、及第点を与えられる出来だった。

長友佑都長友佑都
グループリーグの3試合は、攻め上がりのタイミングの早さが目についた。しかし、ベルギー戦はそのリスクを冒すことなく、何度か好クロスを供給している。後半、2-1とされた後に大迫勇也へ送ったパスは惜しかった。香川真司、乾貴士との左サイドでの連係は、日本の武器になっていたといえる。

CB

吉田麻也吉田麻也
前半、相手にペースを奪われるなかで、評価に値するディフェンスがいくつかあった。時間帯によっては、ルカクへの対応と、その背後にできたスペースに入ってくる選手に対するケアに追われた。ただ、チームとしてラインがコンパクトさを取り戻すと、ルカクへの決定的なクロスもブロックしている。