2018.07.02

スペインの目利きがW杯日本の18名を採点。
「もう外せない」のは誰か

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by JMPA

SB

酒井宏樹(コロンビア戦、セネガル戦、ポーランド戦にフル出場)酒井宏樹
コロンビア戦の後半は積極的な攻め上がりを見せ、ダイナミックにゴールへ迫った。本田、大迫勇也との連係でシュートまで達した場面は、最高の攻撃コンビネーションを見せたと言っていいだろう。前半に岡崎慎司に合わせたクロスも出色だった。

長友佑都(コロンビア、セネガル、ポーランド戦にフル出場)長友佑都
コロンビア戦は存在感が際立っていた。ただ、攻め上がった後の帰陣が遅れ、フアン・クアドラードに背後を取られる場面もあった。セネガル戦は、オーバーラップのタイミングが早すぎた。危険なプレーで、マイナスポイントにあたる。ポーランド戦でも攻め急ぎ、後半は決定的なカウンターで背後を突かれている。

CB

吉田麻也(コロンビア、セネガル、ポーランド戦にフル出場)吉田麻也
コロンビア戦はラダメル・ファルカオに手を焼いていたが、後半は長谷部との共闘で相手を上回っている。セネガル戦は安易にコーナーキックに逃げる場面があったし、フィードもミスがあった。ポーランド戦も、ロベルト・レバンドフスキに対しては受け身になり、後半は決定機で前にポジションを取られてしまっていた。