2018.06.18

サッカー人生で最も苦しんだ1カ月。
中村俊輔は何を考えていたのか

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

「日本代表チームに求められるものは、いつの時代も同じだと思う。チームがひとつになって、(選手個々が)犠牲心とお互いを尊敬する気持ちを持って戦うこと。

『そんなもんいらないでしょ』っていう人もいるけど、チームは人と人とでできているんで、そういう気持ちがないといけない。今の代表も、そうであってほしいと思う」

 中村は祈るような眼差しでそう語った。

 あのとき「もう終わりだな」と囁かれた中村は、今なおジュビロ磐田の主力としてボールを蹴っている。その姿は、苦い経験をしたすべての人を、これからもずっと勇気づけてくれるに違いない。

 中村が日本代表引退後、2度目のW杯がまもなく始まる。

(おわり)

◆中田英寿と本田圭佑。2人は中村俊輔にとって、どんな存在だったのか>>

◆データが示す「史上最強のメッシ」がアルゼンチン代表で輝けない理由>>

◆齋藤学が明かす電撃移籍とW杯落選。「今なら話すことができます」>>

関連記事