2018.05.28

ハリルの「冷遇」を乗り越えた武藤嘉紀。
招集外でもW杯と言い続けた

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Takashi Aoyama/Getty Images

 1トップでも2トップでも、どちらでもいけると思っている。

「メンバー的に見ても、サイドでなくてフォワードなのかなと思っています。フォワードはサイドと違って、得点だけに集中できるポジション。チーム(マインツ)でも1トップをやっていますし。でも、もし2トップならコンビネーション(が重要になる)。トップクラスの相手だと強さもある。2トップには、マークが1人に集中しないという長所もある。どっちでも準備はできています」

 まずは23人枠に入るための戦いを勝ち抜くことが、目下の武藤のテーマだ。「楽しみ」というガーナ戦で結果を残す必要があるだろう。

◆「中島翔哉の落選は驚いた」。福田正博が西野ジャパンの27人を検証>>

◆本田>岡崎>浅野=武藤…。西野ジャパンの「ポリバレント度」を判定>>

関連記事