2018.04.03

やはり、川澄奈穂美がいると違うのか。
なでしこ大勝でアジア杯に臨む

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 縦への意識が出たのはいいが、それ一辺倒になってしまっては、相手も守り慣れてしまう。横パスのオンパレードで終了のホイッスルを迎えたこともあるほど、何かに狙いを定めると同じリズムに陥りがちなのがこのチームだ。せっかくの引き出しを開かない手はない。その瞬間のベストな攻撃、守備のイメージを全体で共有できていないため、ひとつの連動パターンを続けてしまうのかもしれない。コンビネーションパス、縦へのロングフィード、サイド攻撃を全員で切り替える判断力が整えば、これまでの底上げが必ず生きてくるはずだ。

 アジアカップにおいては、得失点差も上位進出に大きく関与してくる可能性がある。チャンスがあるときにあるだけ決める覚悟を持たなければ勝ち上がることは難しい。この大勝で"アジアカップ連覇への道筋が見えた"と楽観視する者はいないだろうが、アルガルベカップの苦しい戦いで疲弊したメンタルを上向きにさせるには十分な内容だった。

「少し時間がかかりましたけど、ようやく戦術的な会話ができるようになってきた」と話す高倉監督。目指すのは、日本にしかできないクリエイティブな"唯一無二のサッカー"だ。チームは大会を通じて成長するもの。高倉ジャパンとしては初となるアジアを獲る大会で、イメージを共有させることができれば、必ずワールドカップへの道は開けてくるだろう。

◆田中陽子ほか、元ヤングなでしこが、代表に返り咲く一歩を踏み出した>>

◆メッシ、試合中ほぼ歩きながら決勝ゴール。バルサ通3人も驚く効率>>

関連記事