2018.03.09

代表ウイングの起用。乾、小林悠がいても、
ハリルは原口、浅野なのか

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

ロシアW杯、どうなる日本代表メンバー
ポジション別最終チェック/第4回:サイドアタッカー(ウイング)編

守備的MF編はこちら>>

Jリーグが開幕し、各試合で活躍した選手が脚光を浴びる中、それに絡めて注目されているのが、その選手の代表入りの可能性である。はたして、日本代表メンバーとしてロシアW杯に出場できるのは誰なのか。今回は最大の激戦区とも言える、サイドアタッカー(ウイング)について検証する――。

◆代表入りの可能性(4枠)
80%=乾 貴士(エイバル/スペイン)
60%=小林 悠(川崎フロンターレ)
50%=伊東純也(柏レイソル)
45%=久保裕也(ゲント/ベルギー)
45%=中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
40%=原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
35%=武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
30%=浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
10%=宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
5%=家長昭博(川崎フロンターレ)

 昨年11月の欧州遠征には、原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)、乾貴士(エイバル/スペイン)、久保裕也(ゲント/ベルギー)、浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)が、国内組主体で臨んだ12月の東アジアE-1選手権には、伊東純也(柏レイソル)、土居聖真(鹿島アントラーズ)、倉田秋(ガンバ大阪)、小林悠(川崎フロンターレ)が、それぞれ選ばれている。

 この中で土居と倉田は、攻撃的(高めの)MFのほうが適しているのではないかということで、その回(※3月3日配信。第2回:攻撃的MF編「本田圭佑、香川真司を押しのけて、ロシアW杯に行ける攻撃的MFは誰だ」)ですでに可能性を探っている。本田圭佑(パチューカ/メキシコ)もしかり。ここでは触れないが、多くのポジションをこなす多機能型は、1箇所しかできない選手より、有利であることは言うまでもない。