2018.03.07

長谷部誠に次ぐのは誰か。ハリルJの
守備的MF「最終選考」を考える

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Hiroki Watanabe/Getty Images

ロシアW杯、どうなる日本代表メンバー
ポジション別最終チェック/第3回:守備的MF編

攻撃的MF編はこちら>>

ロシアW杯に挑む日本代表。次第に関心が高まっているのが、誰がメンバー入りを果たすか、である。今回は守備的MFの人選について検証してみたい。

◆代表入りの可能性(3~4枠)
70%=井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ/スペイン)
70%=山口 蛍(セレッソ大阪)
60%=長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
60%=大島僚太(川崎フロンターレ)
45%=三竿健斗(鹿島アントラーズ)
20%=田口泰士(ジュビロ磐田)
10%=今野泰幸(ガンバ大阪)
15%=その他

 守備的MFが”脇役”だったのは、もはや過去の話だ。この10年間、「背番号10」に力点を置くサッカーが衰退する一方、アンカー、ピボーテ、ボランチなど、バルサ的に言うところの「4番の選手」の重要性が急激に上昇。布陣のヘソとして位置づけられる、まさにチーム浮沈のカギを握るポジションになった。

 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)は、そうした時代背景の中でキャリアを重ねてきた選手だ。10番全盛だったジーコジャパン時代に代表に初選出され、以降、オシム、岡田武史、ザッケローニ、アギーレ、ハリルホジッチの各ジャパンに、守備的MFとして選ばれ続けてきた。

 しかしその分、年を重ねることになった。現在34歳。選手の寿命は伸びたとはいえ、微妙な年齢を迎えていることは確かだ。昨年は大きなケガも負った。代表を離れる機会も多く、「限界説」も囁かれた。

 そんな状況にあっても、所属のフランクフルトではいま、コンスタントに出場を果たしている。好調なチームを支える存在として活躍している。ただし、ポジションは日本代表ではプレーしたことがないセンターバック(3バックの真ん中)だ。