2018.01.13

森保ジャパン主将・神谷優太は
「チームを勝たせること」にこだわる男

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by Nikkan sports/AFLO

「今までは勝負に対する責任を味わえていなかった。東京五輪やその先のことを考えると、チームを勝たせる力を身につける必要がある。それを得るために愛媛に行くことにしたんです。この1年間でどれだけ成長できるか。人生がかかっていると思っています」

 東京ヴェルディユースや青森山田高時代には攻撃的MFだったが、今ではオールラウンドなセントラルMFへと変化を遂げた。自陣ゴール前で仕事をしたかと思えば、敵ゴール前まで駆け上げって決定的な仕事に絡む。そのプレースタイルは「ボックス・トゥ・ボックス」と呼ぶにふさわしい。

「チームを勝たせるためには得点、アシストが大事だし、それ以外にも走ること、守備をしっかりすること、身体を張ること、ボールを奪うことを徹底的にやらないといけない。自分がそういうパフォーマンスを出せれば、チームは負けないと思う」

 攻撃における目に見える結果も、守備におけるハードワークも、すべてはチームの勝利のため――。不遇のシーズンに自分自身を見つめ直した男は、中心選手として勝負の責任を背負い、森保ジャパンを牽引していく。


◆ネイマールは、なぜ1人の美人女優と「破局と復縁」をくり返すのか>>>

◆アントラーズ復帰の内田篤人が言う「日本に戻るのは俺が最初」の意味>>>

■サッカー代表記事一覧>>

関連記事