2017.11.26

ヨルダン戦で2ゴール。なでしこ
岩渕真奈はもうスーパーサブじゃない

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 ただ、完全に試合を掌握していながら、2得点にとどまったことは手放しで喜べる結果ではない。形は作ることができても、ゴールに結びつかなければゼロも同じだ。

 高倉麻子監督の表情も渋かった。「岩渕が2ゴールを決めてくれたことはよかったけど、ラストパスやシュートで簡単に相手の読みに引っかかったりというのは......物足りない」

 指揮官が掲げる"誰が起用されても落ちないクオリティ"と"最大限に与えられる自由"をピッチの11人で体現することは、生半可な気持ちでできるものではない。固定スタメンをあえて決めない中で、選手それぞれに与えられる1回1回の出場機会は単なるトライでなく、覚悟を持ったチャレンジにしなくてはならない。そこにベテランと新人の垣根は必要ない。E-1選手権では、失敗はあっても、ピッチのどこを切り取ってもその覚悟を感じることができるプレーを見せてほしい。

◆川澄奈穂美がアメリカで語った「30代からのサッカー」>>

◆異色の29歳で新人なでしこ、櫨(はじ)まどかとは何者か>>

関連記事