2017.11.23

スペインの戦術家がベルギー戦を高評価。
「収穫は山口蛍と長澤和輝だ」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 そして後半27分。久保、森岡のボールホルダーへの寄せは明らかに甘かった。山口は突っ立ったまま、吉田麻也も為すすべなくクロスを上げられて、ファーポストでルカクに決められた。この時間帯、日本は守備が崩壊したが、それは攻撃に偏ったことが要因だった。

 終盤に杉本健勇が相手のミスから数的優位で抜け出しているが、放ったシュートは弱すぎて、簡単にGKにコーナーに逃げられている。結果的に、守備網を切り裂かれた失点は最後まで重く響いた」

 エチャリはそう解析してから、ロシアW杯に向け、日本が熟成させるべき戦い方についてこう提言している。

「ベルギーに敗れはしたが、4-1-4-1のフォーメーションはひとつの基軸になり得るだろう。

 その理由は日本人選手のキャラクターにある。日本の選手はおしなべて機動力が高く、俊敏で、連係の意識も高く、技術レベルも低くない。一方で、相手を荒々しく削り、知らん顔していられる獰猛さとずる賢さは持ち合わせず、守備のインテンシティはフィジカル的に劣る。そこで中盤に人を集め、スペースをバランスよく支配し、相手の好きにさせず、奪ったら速い攻撃に転じる、という戦いは論理として成立している。