2017.11.18

あのイラン戦、同点弾の城彰二は
「脳震とう」で中盤をウロウロしていた

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

――ああいうビッグチャンスを生かせずに終わると、逆に相手にワンチャンスを決められてしまうのではないか、という怖さはありませんでしたか。

「いや、そういうのはなかったですね。完全に自分たちのペースだったし、Vゴール方式だったので、1点取れば勝てる、と思っていました。ただ、岡野くんがシュートを打たなかったときはみんな、さすがにのけぞっていましたね。『何やってんだよ、打てよ!』って、怒鳴り散らして(笑)。あの緊張感の中でシュートを打てないのはわかるけど、俺なら間違いなく打っていたと思う。だって、オイシイじゃないですか」

――城選手は、途中でゴールポストに衝突して頭を打っていましたよね。

「GKと接触してゴールポストに頭をぶつけて、脳しんとうを起こしていました。そこから、記憶がないんですよね。ヒデが俺に『大丈夫か?』って優しく対応してくれたんだけど、それをテレビで抜かれていて、あれからふたりは"デキてる説"が持ち上がったときには参りましたよ(笑)。

 まあ、それはいいとして、脳しんとうを起こして記憶を失ってからは、俺はまったくプレーに関与していないんですよね。あとから試合の録画映像を見てわかったんだけど、中盤の変なポジションをウロウロしていた(笑)。でも、最後にヒデがシュートを打つ前に、フッと我に返った。『あっ、俺、今試合に出ているんだ』って。しかもその瞬間、ヒデがいきなり俺のほうにドリブルをしてきて、シュートを打ったんですよ。それを、最後は岡野くんが決めてくれた」