2017.11.16

フランスW杯後、中田英寿と
岡野雅行の意見が一致した「日本の弱点」

  • 井川洋一●取材・構成 text by Igawa Yoichi
  • 梁川 剛●撮影 photo by Yanagawa Go

 確かに日本の選手も、ある程度パスは回せるようになったかもしれないし、ハマったときのパスワークは実際にすごいと思いますよ。でも、きれいなサッカーだけじゃ、世界では絶対に勝てない。パスワークを土台にするのはいいとしても、サイドで仕掛けていける選手とか、1対1に強い選手とか、そういう選手も育ってこないと、この先に進むのは難しいでしょうね。

 これは持論ですが、日本代表の問題は決定力不足ではなく、決定機不足だと思うんです。きれいにボールを回して、崩し切らずにアーリークロスを上げているだけでは、ボックス内に相手はそろっているわけですから、決められないですよ。もっと相手を揺さぶって、崩し切ってボールを入れれば、多くの決定機が生まれるはずなんです。

 2002年の地元開催を除けば、2010年の南アフリカW杯がこれまでの最高成績だと思いますが、あのときは前線に本田(圭佑)、大久保(嘉人)、松井(大輔)と戦える選手がそろっていましたよね。やっぱり最後は”個の強さ”ですよ、いろんな意味で」

――勝負を仕掛けるという点において、期待している選手はいますか。

「乾(貴士)や原口(元気)、浅野(拓磨)などは面白いと思います。結局、(勝負どころでは)個人能力が大事だと思います。だから、育成やスカウトというのは重要なんですよね。

 今の日本のクラブの下部組織って、中学校や高校の受験みたいじゃないですか? 決まった指導の中で、決められたことを忠実にこなせる子だけが上のカテゴリーに進んでいけるといった感じでしょ。そうじゃなくて、埋もれている”怪物”や”化け物”を探し出して、その子の持っている特徴をどんどん伸ばしていくような指導があってもいいと思うんです。何か特別な武器を持ち、それを用いて世界と”喧嘩”できるような選手を見たいですね」