2017.11.11

おめでたいぞ、ハリル。ブラジル戦の
真実は「大人と子供」の前半にあり

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 2002年W杯で韓国代表の監督を務めたフース・ヒディンクは、その任期の半ば頃に話を聞いた際、「ここからチーム力は上がっていくから見ていてくれ」と、胸を張った。「前半にできるだけ強い相手と戦い、問題点を洗い出し、後半はそこを重点的に改善し、互角の相手と戦い、勝利の味を覚えさせるのだ」と。ヒディンクの言うとおり、韓国はそこからチーム力を急上昇させていったのだった。本大会ベスト4には、ある意味での必然が宿っていた。

 日本代表の面々は、このブラジル戦を経て自信を深めたであろうか。「ベスト16、さらにその上を目指す」と豪語したハリルホジッチと、同じ感覚でいる選手はどれほどいるだろうか。選手の感覚が普通なら、むしろ自信を失ったハズである。

 次のベルギー戦で同じことを繰り返せば、取り返しのつかない事態になる。この時期になって大手術が不可欠になる。だが、テストしている時間はない。このメンバーでいくしかない状況に追い込まれている、現状を憂えずにはいられないのである。 

◆スペインの知将がハリルに提言。「大迫、岡崎の2トップでいくべきなのだ」>>

■サッカー代表記事一覧>>

関連記事