2017.11.04

カズとW杯メンバー落選。
「衝撃の通告」をめぐる真実を北澤豪が激白

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 メキシコ戦までの間、北澤は岡田監督と話をすることはなかったという。

 チームが3バックの方向に傾いた場合、中盤の枚数が必然的に減らされることになる。しかも、北澤には3試合とも出場のチャンスがまったく与えられなかった。そういう状況になれば、チーム内における自分のポジションがどうなのか、普通は理解できるはずだ。

 また、加茂周監督時代に代表から外された際、直接「なんで(メンバーから)外したんだ」と理由を聞きにいったほどの熱い選手である。本来であれば、W杯直前に1試合も出番がなかったこと、3バックを継続していることに危機感をおぼえて、指揮官が考えていることを問い質(ただ)してもおかしくない。

 なぜ、北澤は岡田監督の部屋の扉を叩かなかったのか。

「あのときはほんと、自分が(メンバーから)外されるなんてまったく思っていなかったからね。3-5-2をやっていたけど、あまりうまくいっていなかったので、W杯本番で4バックに戻す可能性もあるなって思っていた。そこで、俺を外すことはないなって。だから、あえて監督と話をする必要はないと思った。

 ただ、そうなんだよね......。あとになって、(岡田監督のところに)行っておくべきだったと思ったよ」

 そう言って、北澤は天を仰いだ。

岡田監督からメンバー落ちを言い渡されて、怒りに震えたという北澤