2017.10.08

「香川は凄い」と言いつつも
NZ代表は大陸間プレーオフに自信を得る

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 最後に、この日のピッチに立った最年少選手、18歳のデーン・インガムは少年のように目を輝かせて、「スター選手」たちとの対戦を興奮気味に語ってくれた。

「香川はすごかったなあ。動きがものすごくシャープで、常に僕らの1、2歩先にいるような感じだった。あとは左サイドの長友にも驚いた。キレがあるうえ、体も強い。イタリアの名門クラブで長年にわたってプレーしているのも頷けるよ。

 大陸間プレーオフは極めて重要な試合だ。相手がアルゼンチンではないことを願うけど、どこがきても強豪であることに変わりはない。その意味でも、今日の日本戦は意味のあるものだった。個人的には、日本も南米の強国と通じる部分があると思うし、自分たちよりも格上の相手であることに変わりないから」

 この試合を糧(かて)にして、ニュージーランドが番狂わせを起こすことができるか。最大の難関に挑む彼らの健闘を祈りたい。

■サッカー代表記事一覧>>

関連記事