2017.09.22

ハリルもわかっているはず。
川崎F・大島僚太の代表復帰は必然である

  • 飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

「誰に対しても『負けたくない』っていう感情がすごく芽生える。ヘディングが弱いって思われるのも嫌だし、守備ができないって思われるのも悔しい。それに、できないことがあって『悔しい』って思う感情が(自分にとって)一番の活力になるんですよ。めげることを知らないのか(笑)」

 それゆえ、ボランチとして安定したプレーを披露できるようになってきたここ数年は、いかにボールを奪うかを強く意識してきた。

 ヒントになったのは、チームメイトだった元日本代表ボランチである。

「間近で見ていて、すごいなって思ったのが、イナさん(稲本潤一/現コンサドーレ札幌)。あの頃、フロンターレって、なかなかボールを奪い返せなかったじゃないですか。そういうの、なんとかしたいなって思っていたんですけど、イナさんだけはガッと寄せて(ボールを)取り切っていた」

 相手ボールになった瞬間、自分のポジションを空けてでもアプローチして、ピンチの芽を摘み取ってしまう。そのボール奪取力と危機察知能力は、明らかに自身にはないものだった。それ以降、感覚やタイミングを見よう見まねで取り入れてきた。

「(試合で)対戦したり、テレビで見たりしていて、(山口)蛍くんもすごいと思いましたね。イナさんと似ているんですよね。うちのチームなら、エウソン(エウシーニョ)。スッと足を伸ばして奪い取ってしまう。ああいうの、見習いたいと思います」