2017.09.20

ハリルに推薦。長谷部のサブは
「周りが輝く」柏の大谷秀和がぴったり

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 窪田亮●撮影 photo by Kubota Ryo

「ダイレクトを使える。それで、ボランチの良し悪しはひとつ見えてくるかもしれません。(周囲が)見えていて、スキルもあるということで、その後の展開も楽になる」

 そう語る大谷は、いわゆるambidextro(スペイン語で両利き)で、欧州や南米では重宝される。利き手、利き足がさまざまな作業で違い(例えば、箸は右だが、投げるのは左)、両足で蹴れるだけでなく、視野も広く確保できる(後天的に利き足の逆を鍛えたのとは違う)。

 今シーズンもサンフレッチェ広島戦(Jリーグ第5節)で、相手GKが出てクリアし損なったボールを30m以上の位置から間髪入れずに放り込んでいる。予測し、準備するダイレクトプレーの結実だった。

<周りを生かし、輝かせる>

 大谷はプレーの渦(うず)を作り出せる。彼自身は脚光を浴びないかもしれない。しかし、チームとしての勝利につながるのだ。

「真ん中のポジションにいる以上、みんなをサポートするのが仕事だと思います。リスク管理するのは当然だし、基本的にポジションはボールの後ろ。ポジションを捨てるときは、サプライズですね。自分が行くことで相手にスペースを突かれるわけですから、行く判断、行かない判断が大事になります」