2017.09.12

◎は誰? スペイン流で見た豪州&サウジ戦、
日本代表16人の成績表

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

山口蛍(オーストラリア戦、サウジアラビア戦ともにフル出場)山口蛍
オーストラリア戦は平均点。サウジ戦はアンカーに入ったが、まるで仕事ができなかった。ビルドアップのボールを受けるタイミングが悪いし、守備ではやみくもにインターセプトを狙い、ポジションを留守にする機会が多く、サイドにまで釣り出されていた。セットプレーのこぼれ球のシュートなどは持ち味なのだろうが......。

柴崎岳(サウジアラビア戦に先発、後半35分まで出場)柴崎岳
サウジ戦に右インサイドハーフで先発。精度の高いプレースキックで、チャンスを演出している。右サイドで何度かボールに絡み、攻撃の形を創り出した。しかし活躍は単発的で、本田圭佑や山口との距離感が悪く、後半になると消えてしまった。

FW
浅野拓磨(オーストラリア戦に先発、後半44分まで出場。サウジアラビア戦は後半から出場)浅野拓磨
オーストラリア戦は猛烈なプレッシングでチームに貢献。先制点はセンターバックの背後を狡猾に奪っている。サウジ戦はチームの不調もあり、働きどころがなかった。