2017.08.22

いっそW杯予選で地獄のプレーオフに
回ったほうが、本大会では勝てる

  • text by SPORTIVA photo by Sano Miki

杉山 昔に比べて親善試合もすごく減っちゃったから、自分たちの力を確かめる機会がものすごく少ないんです。以前は年間8試合ぐらいやっていたのが、今は5試合ぐらいしかない。だから若手を使う機会もない。

浅田 それはA代表だけの話じゃないですね。今のU-20やU-17は東京五輪があるから明らかに特別扱いされているのですが、現在の代表で若手といわれる選手たちが下の年代だったときも、試合が圧倒的に少なかったから、中東に行ったことがあるという経験も少ないんです。だから、行ってみたら「こんなはずじゃなかった」みたいなことが起こり得る。免疫みたいなものが薄れている感じはすごくします。

杉山 練習試合といえば、8月の20日ぐらいになぜ1試合組まなかったのかという疑問があります。誰がスタメンで出るのかもわからないのに、このままオーストラリア戦に臨むわけですか、と。

浅田 国内組だけでいいからね。

杉山 そう。そういう準備をして、オーストラリアと余裕で引き分けて、「次、サウジアラビアです」というのがシナリオ通りだったらいいんだけど、たぶん、オーストラリアに勝てなかったら国じゅうがパニック状態ですよ。その状態でサウジアラビアに行くとやられる。実力とかではなく、そういうノリが危ないんです。