2017.06.03

昇格2年目の長野パルセイロが、
なでしこリーグ上位なのには秘密がある

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

トレーニング指導をする樋口創太郎コンディショニングコーチ 日本の女子サッカーでは、専門のフィジカルコーチを抱えることすら難しいのが現状である。限られた予算の中でどこに人員を割くのか――。コンディショニングに関しては削られる方に振り分けられることも少なくない。もともとパルセイロは男子のトップチーム(J3)のスタッフに定期的に見てもらっていた。その的確なアプローチを見て、本田監督の「専属で欲しい!」という意識はより高まっていく。折しもチーム側は本田監督に昇格後の複数年契約を提示しているタイミングであったため、本田監督はなんと契約条件としてコンディショニングコーチを勝ち取ったのだった。

 本田監督の期待を一身に背負ったのが、樋口創太郎コンディショニングコーチだった。パルセイロに来るまでは、北海道で全国区に通用するU-15、U-18の育成年代に関わっていた樋口コーチにとって、カテゴリーも性別も違う。それでもパルセイロでの新たなチャレンジにすべてをかけた。

「僕が加入する前年と、その前の年で1年間に3名ずつが前十字じん帯(ACL)の損傷をしていて、まずはそこを減らさないといけない。最初にさまざまなドリル(課題)をやったんですけど、一目見て、これはもう(ケガの)予備軍だという印象を受けました」(樋口コーチ)。