2017.04.10

名将エチャリ先生がつけたUAE&タイ戦、
日本代表14選手の通信簿

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Fujita Masato

酒井宏樹(UAE戦、タイ戦ともにフル出場)酒井宏樹(UAE戦、タイ戦ともにフル出場) DF
酒井宏樹
ロンドン五輪の前から注目していた右サイドバックだ。当時から守備のポカが気になったが、攻撃ゾーンに入ったときのスキルは際立っている。UAE戦では深さと幅を与え、先制点はその長所が顕著に出た。右ワイドに開いてドリブルで侵入後、最高のタイミングのパスで久保の得点をアシスト。タイ戦はボランチとの関係性に苦しんだが、終盤には中盤との連係から目覚ましい攻め上がりを見せている。

長友佑都(UAE戦、タイ戦ともにフル出場長友佑都(UAE戦、タイ戦ともにフル出場 長友佑都
左サイドバックとして、システム上、かなり高い位置をとっている。UAE戦の後半に大迫に合わせたクロスは、質の高さを証明した。ただ、今野ら中盤の選手とのコンビネーションはしばしば小さな破綻を見せていた。そしてタイ戦はボランチと連動できず、効果的な動きが少なかった。終盤にPKを与えてしまうなど「赤点」ギリギリか。