2017.03.29

タイに大勝でも日本代表に問題点。
「長谷部の代わりの今野の代わり」

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Getty Images

 25分、中盤でフリーになりながら左足のインサイドで蹴った横パスをミスしたのは香川。彼はその直前にも前線に送ったパスを引っかけられていた。酒井宏樹、森重真人にもミスが出る。吉田麻也も危なっかしい姿をさらけ出す。長友佑都に至っては、積極的にプレーに関わろうとしていないようにさえ見えた。

 とりわけ、真ん中より後方で危ういプレーが連続した。

 守備的MFの山口蛍も同様に危うかった。長谷部誠、今野泰幸不在の中で、中心になるべきはこの選手だ。4-2-3-1を敷くなら、その2を中心にビルドアップを図るのが現代サッカー。だとすれば山口はチームのヘソだ。ところが仕切れない。円滑にボールに絡めない。積極性に乏しく、なによりヘソとしての自覚に欠けるように見えた。

 この試合、山口とコンビを組んだのは酒井高徳。長谷部の代役であり、今野の代役として先発を飾った。所属のハンブルガーではこのポジションで起用されており、本人としては抵抗なかったのかもしれないが、日本代表でここをプレーするのは初。いきなりで大丈夫なのかという不安を抱えての出場だった。

 本職は右も左もこなす多機能型のサイドバックだ。さらに守備的MFまでこなせば鬼に金棒。このような選手が1人いると、W杯本大会など短期集中大会においてメンバーのやりくりは楽になる。可能性はどんどん追求してほしいが、ここでいきなりそれを披露されると、少なくとも見る側は違和感が膨らむ。