2017.03.24

UAE戦の勝因は謙虚なプレーと
今野泰幸。日本代表にスターは不要だ

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 格上気分を全開に臨み失敗した過去2戦の教訓が、今回に活かされていた。相手の巧さを認めた上で、勤勉、真面目、忠実に、驕(おご)りなく戦った。相手に個人技を発揮されても、焦らなかった。UAEは逆に、カッカしない日本の冷静な対応に慌てた。

 日本はバランスも整っていた。左右対称。穴がなかった。マイボール時においては、右(久保裕也)も左(原口元気)も真ん中(大迫勇也)もある、選択肢の多い大きな展開ができていた。

 本田圭佑がスタメンを外れたことも幸いした。出場していれば、おそらくUAEのアブドゥルラーマン的な動きになっていた――とは、代表でのここ何試合かのプレーを見れば容易に予想がつく。「俺が、俺が」的なプレーをする選手がUAEには存在したが、今回の日本にはいなかった。日本のプレーはいつになくシンプル。ケレン味がなかった。

 だが作戦面での一番の当たりは、やはり今野泰幸を長谷部誠の代役として起用したことにある。ここ最近の長谷部とこの試合の今野。どちらがよかったかと言えば、この試合の今野だ。長谷部以上の働きだった。

 長谷部と山口蛍。この従来のコンビには問題があった。山口はどちらかと言えば守り屋。一方、長谷部はかつては高い位置でプレーできたが、年齢とともに得意なエリアは下がっていった。所属のフランクフルトではついにセンターバックでプレーするまでになっていた。