2017.01.12

世界最強リヨンで主力の熊谷紗希。
次は「ゴールを奪う選手」になる

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko
  • photo by Getty Images(試合)

 リヨン自体もリーグ戦、カップ戦、CLの3冠を達成、まさに黄金期を迎えようとしている。今でこそ、リヨンはフランス代表の宝庫であり、各国の代表選手で構成されているスター軍団だが、熊谷が移籍した当初はそこまでのチームに成長する一歩前の時期だった。

「フランクフルト1年目のときに、CL決勝でリヨンと戦って、0-2で負けたんですよ。リヨンには一つひとつのプレーにうまさがあった。私はまさかそのリヨンからオファーがあるなんて思ってなかったから......」

 決してフランクフルトでの2年が充実していなかったわけではない。しかし、慣れ親しんだ環境の中で3年目を迎える自分の姿が少し見えてしまったのだという。そして何より、リヨンというチームへの興味が膨らんでいた。

「フランクフルトは本当に過ごしやすい街ではあったけど、私はサッカー選手だし、そこで迷う意味ってあるのかなって思いました。『ちょっと一発行ってみようかな』と。私が入った1年目のリヨンは、フランス代表もそんなにいなくて、2年目、3年目くらいからチームメイトが選ばれて、フランス代表がグングン伸びていった。当初はそこまでの強さじゃなかった。だから行けたのかも(笑)」

 チームとともに熊谷も経験を重ねたことで、2015-16シーズンは向かうところ敵なし、大興奮の嵐となった。2016-17シーズンに突入した現在は、もう一度あの興奮を手にしたいと挑んでいる最中だ。だからこそ今が一番充実しているのだろう。彼女が重ねてきた6シーズンが実を結ぶ日々を実感している。