2016.11.21

ハリルジャパンを引っぱる原口元気
の実感「豪州戦が分岐点だった」

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

「守備は、ヘルタでやってきたことが出ていると思うし、(個人的に)守備力はすごく上がっていると思います。特に今日は、攻守の切り替えのところで相手を見るんじゃなくて、相手が(ボールを持って)余裕を持つ前に潰しにいくことがよくできていた。(ハリルホジッチ)監督が言う"デュエル"がすごく発揮できた試合かな、と思います。ただ、守備は僕だけじゃなく、守備が得意じゃないキヨくん(清武弘嗣)もがんばっていて、チームみんなががんばっていたと思います」

 日本代表の左MFのポジションは、これまで流動的で、原口をはじめ、宇佐美貴史、武藤嘉紀らが激しく争う状況にあった。しかし今では、原口が完全にレギュラーの座をつかんだ感がある。

 原口という"パーツ"が攻守に効いていて、清武がトップ下で奮闘するチームは、最終予選初戦でUAEに敗れたときのチームと比較すると、非常にまとまっていて、明らかに攻守両面で強みが増した印象だ。

 実際、UAE戦以降、3勝1分けと徐々に代表チームの調子は右肩上がり。つまずいたUAE戦のあと、ここまでのチームの成長を、原口はどう感じているのだろうか。

「日本代表の完成度も、まだまだですよ。今はまだ、アジアが相手ですし、ザッケローニ監督のときと比べて、(チームの)レベルが上がったとか、下がったとか、一概には言えないかな。これが、世界が相手になると戦い方も変わるんでね」