2016.11.10

サウジ戦次第で監督解任へ。
このままなら「ロシアW杯の次」も危ない

  • text by Sportiva photo by Fujita Masato

浅田 以前から、日本は力が下降線を描いているけど、他の国は上がっているという話をしてきましたが、ここまで最終予選を見た僕の印象でいうと、他は思ったほど上がってない。ただ、日本が思ったより下がっている。その結果、両者の交わるタイミングは意外と早いかもしれないという感じを受けています。

杉山 サッカーという競技は年々ちょっとずつ進歩しているという前提に立つと、アジア諸国はただその上に乗っかっているだけで、自発的に伸びているわけじゃないですね。流れに任せているだけで、目を見張るようなレベルアップはしてないんです。で、日本だけさらにそれと違う現象が起きている。これも珍しい。その中でやっている選手は当然、「あれっ?」というのがあるでしょう。サッカーだから負けることはあるんだけど、問題は負け方。これは完全に運がなかったとか、「ちょっと失敗しちゃったね」という場合はあるけど、今回は違う。サウジアラビア戦は、そんなUAE戦とイラク戦を引きずることになります。

浅田 よくも悪くも楽しみな試合ですよね。

杉山 苦戦必至は前提で、少なくともここ5~6年の流れとは違うパターンの楽しみ方になる。2-0で快勝するイメージはないですね、日本が先制しても、今の調子だと守りに入っちゃう可能性があるから。