2016.10.24

ハリル期待の長身GKシュミット。
「日本代表はそんなに遠くない」

  • 栗田シメイ●文・撮影 text&photo by Kurita Shimei


 高校からGKを始めたこともあり、まだまだ経験という点では他のGKたちに水を開けられているのが現実。だが、見方を変えれば、経験さえ充分に積めばそのポテンシャルが大きく花開く可能性を持つ「原石」でもある。今回の合宿に参加することで、現在の代表GKとの差を肌で感じられたことも、大きな収穫となったと語る。

「代表は決して遠い存在でなく、近くにあると考えています。他の日本人GKにない『高さ』が自分にはある。そういった部分を出していければ、すぐにでも活躍できるイメージがあります」

 ハリルホジッチも、シュミットについて「身体能力の高さは目を引くものがある。これからフィジカル、戦術、テクニックを日々の練習で伸ばしていって欲しい」と期待を寄せていた。

「現代では身長が190cm以上ないと良いGKとはいえない」との持論を標榜する指揮官が追い求める現代型GK。その素養を十分に満たすシュミットは、ライバルたちにない「サイズ」という武器を活かし、まずは代表入りを目指す。

■サッカー代表記事一覧>>

関連記事