2016.10.20

「満点に近い」。スペインサッカーの重鎮が
豪州戦の日本を絶賛するわけ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Fujita Masato

 エチャリは冷静に得点シーンを分析した。スペインの慧眼が注目したのは、本田と小林の役割だった。

「本田は抜け目なくサイドに流れ、パスを引き出していた。オーストラリアのSBは攻撃色が強く、前のめりで、本田は巧みにその裏に回った。そこに原口や小林が連係し、攻撃を生み出した。一方、小林はハイボールの競り合いで重要なパートを担っている。イラク戦でもそうだったが、空中戦に強さを見せ、日本代表では異色の存在だ。終盤には地面に叩きつけるような際どいヘディングシュートも放っている(GKに防がれた)。
 
 本田がサイドに流れ、槙野智章からのパスを前線でキープしたところから、この試合、最高の攻撃が生まれた。本田は自分を追い越していった原口にパス。原口は深いところまでドリブルで進入する。このとき、小林はニアポストに突っ込み、香川が迂回してファーポストで待ち構え、山口蛍が2人の間に入り、本田がペナルティアークの近くで待つ、万全の形ができていた。

 結局、本田の左足のシュートはGKにブロックされたが、論理的にサイドで展開を作り、バランスよく人がゴール前に入った点を、高く評価するべきだろう。小林、香川、山口でディフェンスを釣った巧妙な動き。それは特筆に値するほど、戦術水準が高かった」