2016.10.19

スペインの知将が語るイラク戦。
「日本が苦戦した理由を3つ教えよう」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Fujita Masato

「得点は清武のキックから。彼のセットプレーは(柏木よりも)得点の確率が高い。精度の高いボールがこぼれた後、いいポジションを取っていた山口が蹴り込んだ。攻め続けていただけに、必然だったろう」

 そしてエチャリは試合を総括した。それは「猫も杓子も反ハリル」のような風潮に釘を刺すものだった。

「DF面は以前よりも問題が解消されていた。まだチグハグなところはあるが、監督のトレーニング練度が伝わってくる。攻撃は鈍かったが、山口投入でポジション的バランスがよくなった。サイドで展開が作られ、多くのことが改善された。なによりも勝利という結果は、チームとして次につながる。強烈な批判が巻き起こっているらしいが、ロシアW杯に向け、悲観するべきではない」
(つづく)

■サッカー代表記事一覧>>

関連記事