2016.09.02

CB、GK、本田圭佑…。UAE戦の日本は「ピッチ上の問題」が噴出

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by AP/AFLO

 癖。サッカーに対する誤解と言ってもいい。日本代表監督にその点を正す人が就かない限り日本のサッカーはよくならないとは、何年にもわたって指摘している点だが、現時点でハリルホジッチに、そこのところを改善しようとする姿勢はない。

 とはいえ、選手も選手だ。自分たちのおかしさに、いい加減気づけないものか。サッカーの本場、欧州でプレーしているベテランはとりわけ、だ。4-2-3-1の3の右である本田圭佑は、どういう理由で、あれほど内に入ってしまうのか。内に入るほど攻撃の幅は狭くなる。右サイドバック(酒井宏樹)と絡む機会も減る。本田と香川真司(1トップ下)、岡崎慎司(1トップ)が、真ん中の狭いエリアで、同じ線上に重なり合うシーンも頻繁だった。

 後半、大島僚太が右サイドに展開しようと長めのキックを蹴ろうとした瞬間があった。流れから見て、それは至極、真っ当な選択だったが、右の高い場所にいるべき選手は、その時、ド真ん中に構えていた。新人の大島は、そこで向きを変え、真ん中を選択したのだが、その2つほど先で攻撃はストップ。相手にボールを奪われることになった。

 パスコースがろくになく、相手も守りを固める真ん中を繰り返し進む姿は、あまりにも強引。非頭脳的プレーと言わざるを得ない。