2016.09.01

いつまでもあると思うなW杯出場。
下降する日本「今そこにある危機」

  • text by Sportiva photo by Fujita Masato

杉山 さらに先の話をしてしまうと、アジア5位だと北中米とのプレーオフになります。アメリカ、メキシコには勝てそうもないし、ホンジュラス、コスタリカも相当強い。アジアの国よりは強いから、プレーオフに行ったら危ないと思ったほうがいい。

 ということはこの予選で3位に落ちた瞬間、W杯出場に黄信号が灯ることになります。仮に1位、2位がオーストラリアと日本だとしても、3位との差は接近している。もしかしたらUAE戦は2位と3位を争う試合かもしれない。その意味でも初戦が見ものになります。

浅田 前回のアジアカップを思い出すと、日本はやはり強かったと思うんです。結果はUAEに敗れてベスト8で終わったけど、内容的に日本とまともにやれるのはオーストラリアぐらいで、韓国もちょっと落ちるなという感じでした。

 ただその後、日本とオーストラリアが、その角度はともかく下降線に入っているのは確かだと思うんです。イラクは水平ぐらいで現状維持。残るUAE、タイ、サウジアラビアは上を向いている。下降線と上昇線がどのタイミングで交わるのか、逆転するのかはわかりませんが、アジアカップのときより差が縮まっているのは間違いない。

杉山 オーストラリアも若手が出てきて、底は脱したような感じもする。だからもうひとつのポイントは、日本がどれだけ下降しているか。問題は日本が強い相手とほとんど試合をやってないことで、特にハリルホジッチはアジアカップにも出ていないから、予選の全体図がどこまで頭に入っているかだよね。