2016.08.28

W杯最終予選、日本期待の
「切り札」はJで躍動する小林悠

  • 原田大輔●文 text by Harada Daisuke
  • 高橋 学● photo by Takahashi Manabu

 しかし今は、以前の小林とは違う。今季は所属する川崎でフル稼働。セカンドステージでは7試合連続ゴールを記録し、すでにキャリアハイとなる13得点をマークするなどして、J1年間首位を走るチームの原動力となっている。小林自身、少なからず手応えを感じ始めている。

「フロンターレで結果を残してきたことで、自分自身にもそうした"自信"が芽生えてきた。DFの裏に抜ける動きだけでなく、ポストプレーもよくなってきたという思いもある。それを代表でも出せれば、もっとやれると思う。それに、そうなりたいと思って、ここまで取り組んできたんです」

 これまでは、思うようにパスがもらえないこと、動き出しを見てもらえないことを言い訳にしていた。

「今は、ゴールも積み重ねて(自分に)自信も持てているので、代表でも以前よりは強く要求できると思っています。だからこそ、代表に行きたいな、という思いも強くなっています。それこそ、最初に選ばれた頃は、自分が代表に選ばれていいのかなって思っていた。そんな自分がパスを要求したり、プレーに関して意見したりしてもいいのかな、という遠慮もあった。でも、今は違う。何度か呼ばれて、もう人見知りもしないですし、強く要求しなければいけないな、と思っています」

 2トップの一角も担えるが、川崎では主に右サイドでプレーし、ポジションの幅は広がっている。とはいえ、小林の根本に流れているのは、やはり点取り屋としての本能である。