2016.06.05

「渦」をつくった小林、香川、清武の2列目が、ハリルJ完勝の要因

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

香川真司とのコンビで日本の攻撃を活性化させた清武弘嗣香川真司とのコンビで日本の攻撃を活性化させた清武弘嗣  なかでも出色だったのが、清武と香川の関係である。互いに絶妙な距離感にポジションを取り、何度も小気味いいコンビネーションを見せた。清武が語る。

「真司くんと陽介くんが近くにいてくれた。相手のプレッシャーがきついとき、ワンタッチで落とせるところに人がいると、ボールを失わないし、(相手の守備を)はがすこともできる。デカい相手には効果的だと思う」

 清武は試合を振り返り、「もう少しボールを落ち着かせていい時間もあった。せっかくボールを奪っても(急いで攻めて)すぐに失うと、DFはきついから」と反省の弁を口にしたが、裏を返せば、それだけワンタッチでポンポンとバスがつながるシーンが多かったということだ。

 また、どちらかと言えば、清武、香川を中心とした左サイドの攻めが目立った試合ではあったが、だからと言って右サイドが機能していなかったわけではない。

「悠もすごくいい動き出しがあって(パスを)出せたかなというところがあった。彼のよさを生かせればよかったという反省はある」

 ボランチの長谷部がそう話していたように、小林も前線に動きを作り出すという点においては、効果的な働きをしていた。彼が動くことによって生まれるスペースに、右サイドバックの酒井宏樹が気持ちよさそうに何度も攻め上がれたことも、それを裏づける材料のひとつだろう。酒井宏は自身が出場した代表戦の中で最高の出来ではなかっただろうか。