2016.03.01

崖っぷち上等。なでしこは、チャレンジャーに戻って強くなる

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

「これが自分たちの実力。わかっていたことだがまだまだ力が足りない」とは宮間。「サイドを生かしてうまくシュートできていても、ブロックが入るということは(相手を)吹っ切れていないということ。それでも、攻撃できていない訳ではないので信じてやっていくしかない」(宮間)と決意を新たにした。

「クロスのタイミングが合わなかった」と大儀見も悔しさを隠せない。「あと2、3点取れるような選手にならないといけない」と自らにハッパをかけた。

 この敗戦でもう1敗も許されない状況に立たされたことは事実。けれど誰しもが口をそろえた。

「ここで下を向く訳にはいかない。まだチャンスはある」と。どこに原因があるのか、それは選手たちが一番理解している。皮肉にも、なでしこたちはこの敗戦で真のチャレンジャーになれたのかもしれない。本来はこちらの立場の方がなでしこたちらしい。

 大会直前、宮間は「泥臭く戦いたい」と言った。なりふり構わず、ボールに食らいつき、結果をもぎ取る――この崖っぷちから本領発揮するのが受け継がれてきたなでしこの強さであり、神髄でもある。この逆境を乗り越えられれば、間違いなく新しいなでしこジャパンの幕開けとなる。そのチャンスを掴んだのだ。チャレンジャーとして果敢にボールを追う姿を見せてくれるに違いない。勝負はまだ始まったばかりだ。

なでしこジャパン記事一覧>

関連記事