2015.11.29

リオ予選に向け、オランダ遠征で「なでしこ新戦力」を探し出せ!

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 前半を現状のベストメンバーで臨んだ日本は、イレギュラーな形での2失点を喫したが、主導権を握る展開に。後半に登場した若手組に関しても、戸惑いはあったもののオランダと対等に渡り合っていたようだ。しかし結果は0-2の敗戦。それでも佐々木監督は得点に至らなかったことを反省しつつ、「この2日間でやったこと、やろうとしていることは出せていた。ナーバスになることはない」と自信をのぞかせた。

 オランダとは今年のワールドカップ・決勝トーナメントの一発目で対戦している。このときは、日本に対して引くことなく、真正面からぶつかってきたオランダ。世界大会レベルの力を持つチームに引かれては簡単にゴールを奪うことはできない。真っ向勝負を挑んでくれたオランダは日本にとって相性のいい相手だった。

 ワールドカップでは、高い位置までラインを上げ、変幻自在な攻撃力を見せつけた日本が2-1で勝利をおさめている。あれからオランダの指揮官は替わったものの、「戦い方は変わっていない」(佐々木監督)。ただし、長身揃いのオランダに対して当たり負けした場面は判断スピードなどでカバーしなければならない。

 今回のオランダ戦の注目はやはり攻撃面。ワールドカップでは勝ち進むにつれ、行き詰まりを感じたが、それを払拭するためには新たな風が必要だ。最大の得点源となるべき大儀見と組む相棒探しは急務となる。今回はワールドカップで組んだ菅澤優衣香(ジェフ千葉)、急激になでしこ流を吸収しつつある有町紗央里(ベガルタ仙台L)とのペアリング、そしてここへ絡む中盤の動きにもぜひ注目してもらいたい。