2015.08.17

メダルどころか五輪出場に黄信号。すべては手倉森監督の采配に

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by PHOTO KISHIMOTO

 年を追うごとに、いい若手が減っている。日本のサッカー界に大きなインパクトを与えるような、存在感のある期待の選手を見つけにくくなっている。

 そして今回の選手たちは、過去3大会より落ちる。ハリルホジッチが、先の東アジアカップに招集した23人中、五輪チームの選手は、遠藤航と浅野拓磨のわずか2人。海外組不在の1.5軍級のメンバー構成だったにもかかわらず、だ。欧州でプレイする五輪チーム候補、南野拓実久保裕也は選考の対象外だった。

若手の発掘より、結果を意識したハリルホジッチの思惑も多分に含まれるとはいえ、1.5軍級に2人というのは、A代表より五輪チームの方が強いんじゃないかとまことしやかに囁かれた過去を思えば、いかにも寂しい現実だ。隔世の感さえする。五輪チームはA代表に、かつてないほど大きく水を空けられている。

 昨年1月、新しく始まったU−23アジア選手権に、日本は今回の五輪チームと同じ年代の選手で臨んだ。経験を積ませるために、だ。しかし結果は準々決勝敗退。同じコンセプトで臨んだイラクに敗れている。ゲームを優位に進めながら不運にも敗れたとか、勝ちゲームを落としたというわけではない。先行きを楽観できない敗れ方をしている。