2015.08.06

韓国戦ドローも内容は最悪。ハリルホジッチが壊す日本の土台

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Fujita Masato

 何より目に付くのが、各選手のポジショニングだ。4-2-3-1と4-3-3の中間型のような布陣を取っているのだろうが、布陣の形は常に大きく崩れている。誰がどこにいるのか分からない。俯瞰でそう見えるのだから、ピッチレベルに身を置く選手には、なおさら分かりづらいだろう。

 したがって展開が利かない。空いている場所、相手のいない場所にボールを運べない。瞬間、目に入った選手としかコミュニケーションが取れない。そんな余裕のない中で、ハリルホジッチが言う「縦に速く」の「速く」に素直に従おうとすれば、焦り、慌てることになる。もうその時点で、次か、その次のプレイでボールを失うことは読めてしまう。

 シュートが数本しかなかったとか、決定的チャンスが少なかったとか、攻撃の貧弱さを表現する時、そうした言い方をするが、この試合(北朝鮮戦もそうだけれど)は、それ以前の問題だった。ボールを奪っても、奪われる姿が想像できる、期待を抱けないサッカーになっていた。恐ろしく弱いチーム、ダメなチームに見えるのだ。

 ハリルホジッチは相手の強さを強調した。韓国は3チームの中で一番強い相手だ、と。それに対して「ディフェンス面で我々は強さを発揮した」と自画自賛した。しかし、韓国はこの試合のスタメンを、前戦と8人入れ替えて臨んでいる。可能な限り、全取っ替えしてきた。この大会に臨むコンセプトが、テストであることは明白だった。