2015.03.31

スター軍団から2部チームへ。元ヤングなでしこ田中陽子が下した勇断

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 今の田中はなでしこ入りを近々の目標には掲げていない。そこまでの力がまだ備わっていないことを自分自身が一番感じているからだ。

「2013年のアルガルベカップに招集されたときは、自分の調子も良くなかったし、納得したプレイが出来ていない中で選ばれたので、うれしい反面、複雑で......。実際、何もできなくて、今の自分じゃまだダメだなって思いました」

 昨シーズン、INAC自体が不調にあえぎ、田中のプレイにも迷いがあった。それは次第に自信をも失わせていった。何より、ピッチの上の田中は苦しそうに見えた。まずはそこから抜け出さなければパフォーマンスは上がらない。ノジマの菅野将晃監督は、TEPCOマリーゼの監督時代に、同じJヴィレッジを活動の場としていたJFAアカデミー福島の選手たちとは練習試合など交流がさかんだった。その中にいたのが田中だった。

「自分のプレイスタイルをわかってくれている監督ですし、自分と菅野さんのサッカー観がすごい似てるんです。やりたいって思うことを教えてくれたり、2部でするサッカーじゃなくて、1部でも通用するサッカーを目指してやってる。ここで、今までやれていたことをもう一度やり直すというか、そこからさらに深めていければいいなと思いました」